Instagramマーケティングを支援する情報サイト

発見タブを楽しく利用!不適切なコンテンツに制限をかける方法

発見タブを楽しく利用!不適切なコンテンツに制限をかける方法

こんにちは。長浜春香です。

インスタグラムで画像・動画を閲覧する際に役立つ「発見タブ」。2012年に追加された機能で、虫眼鏡マークをしているのが発見タブです。

この発見タブでは、自身が「いいね!」した投稿やフォローしている方の情報に基づき、興味・関心がある投稿をピックアップして表示されます。そのため、発見タブでは新しい情報や興味・関心のあるアカウントを探すことができるのです。

インスタグラムは、そんな便利な発見タブに現地時間の7月20日「不適切なコンテンツの表示を3段階で調整できる機能」を追加したと発表しました。

不適切なコンテンツとは?

不適切なコンテンツとは、インスタグラムの「コミュニティガイドライン」の基準には違反してはいないものの、「おすすめに関するガイドライン」に合わない内容のコンテンツのことです。

たとえば、不適切なコンテンツに該当する内容は以下のとおりです。

・自傷、摂食障害などを扱うコンテンツ

・人々が戦う様子、暴力を描写しているコンテンツ

・透けた服を着ている人の画像、性的な内容を示唆するコンテンツ

・医薬品、タバコ・電子タバコなど規制対象商品の使用を奨励するコンテンツ

上述した内容は一例ですので、詳しくは「おすすめに関するガイドライン」をご確認ください。

不適切なコンテンツは、すべてが削除されるわけではありません。そのため、場合によっては発見タブに表示される可能性もあります。

発見タブの表示を3段階で調整可能

今回新たに追加された機能が、発見タブの不適切なコンテンツの表示を3段階で調整できる機能です。設定方法は、以下のとおりです。

まず、プロフィール画面の右上にある「≡」を選択します。次に、「設定」をタップしたら「アカウント」を選択します。

アカウントの中に「不適切なコンテンツを制限」があるので、タップします。ここで表示されていない方は、アプリを更新してみてください。

不適切なコンテンツを制限の中で「許可する」「制限」「さらに制限する」のいずれかを選択します。

なお、初期設定では「制限」になっているので変更がなければそのままでOKです。

まとめ

インスタグラムは、世界中で多くの方に利用されているSNSです。自身が画像・動画を投稿できるだけでなく、ほかの方の投稿も閲覧できるので一日中インスタグラムを開いていても飽きることがありません。

しかし、インスタグラムを利用していると、稀に気分を害してしまうようなコンテンツを目にすることもあるはず。この場合は、今回新たに追加された「不適切なコンテンツの表示を3段階で調整できる機能」を使って、ぜひ制限してください。そうすることで、不適切なコンテンツを目にすることなくインスタグラムをより安心して楽しむことができるはずです。

なお、インスタグラムには不適切なコンテンツを制限できる機能だけでなく、いくつかの管理機能も追加されています。以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

「いいね!」を非表示にすることが可能?!投稿方法をおさらいしよう

DMリクエストフィルター機能で不適切な内容は自動拒否が可能!

裏垢もまとめてブロックが可能!新しくなったブロック機能とは?

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴1年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事