インスタグラムのブロック機能をマスターしよう!ブロックした、された時にどうなるかを解説

こんにちは。白石ふくです。 インスタグラムを使用していて、例えば「この人に自分の投稿を見られたくないなー・・・」「この間まであの人の投稿を見ていたのに急に見れなくなっている!?」などということはありませんか。 これらはすべて、インスタグラムの「ブロック機能」について知っていれば解決できることです。

そこで今回は、インスタグラムにおける「ブロック機能」についてご紹介します。 ブロック機能を利用すると何ができるかについてや、ブロックする方法やブロックを解除する方法など、インスタグラムを楽しむなら知っておきたいことをまとめました。 企業アカウントを運用している方も、プライベートでインスタグラムを楽しんでいる方も、インスタグラムユーザーならブロック機能についてマスターしておきましょう!

ブロック機能とは

インスタグラムにおける「ブロック機能」とは、設定すると特定の相手に対して、自分の投稿を見られなくする機能です。 そして、ダイレクトメッセージやフォローリクエストの送信など、アカウントを利用したコミュニケーションすべてを制限することもできます。

例えば自分のアカウントをフォローしていないけれどスパムコメントを大量に投稿するアカウントや、すでにフォローされているけれどなんらかの事情で今後関わりを持ちたくない人のアカウントなど、ブロックしたい相手が自分のアカウントをフォローしているかどうかは特に関係ありません。また、自分のアカウントが公開アカウント・鍵をかけた非公開アカウントのどちらであっても機能を利用することができます。

つまり、自分がブロックしたいと思ったアカウントは、どんな状況であれブロックできるということです。

ブロック機能で起こること

ブロック機能を利用して起きる現象を、ブロックした方のアカウント、された方のアカウントが、どのような制御がされるのかについてご紹介します。

ブロックした方のアカウント

・ブロックしたアカウントをフォローしていた場合はフォローが自動で解除される
・フォローが解除されるため相手の投稿が自分のタイムラインに表示されなくなる
・ブロックした相手からのダイレクトメッセージが届かなくなる
・ブロックした相手が自分の投稿につけた、いいね!やコメントが表示されなくなる
・ブロックした相手の投稿が見れなくなり、プロフィール画面を開くと「投稿がありません」と表示される

ブロックされた方のアカウント

・ユーザー名で検索しても「一致するユーザーがいません」と表示され、プロフィール画面を表示できない
・フォロー申請ができなくなる
・フォローを解除した覚えがないのに自動で解除されている
・フォローが解除されるため相手の投稿がタイムラインに表示されなくなる
・過去にダイレクトメッセージのやり取りがあった場合のみダイレクトメッセージページからプロフィールページを開くことはできるが、投稿を見ることができない
・プロフィール画面が開けた場合でも「投稿がありません」と表示される
・ダイレクトメッセージを送信できなくなる

インスタグラムの公式アプリには、相互フォローしているかを確認できる管理画面がありません。そのため、タイムラインに相手の投稿が表示されなくなることやダイレクトメッセージが送信できなくなることで、ブロックされたことに気がつくケースがほとんどです。

ブロックされた方は、ユーザーネームを検索したり自分のフォローリストをチェックすることで、ブロックされているかどうかを簡単に把握することができます。また、ユーザーネームを使用した検索はできなくなりますが、ユーザーidを知っているのであればプロフィールページが表示されてしまいます(インスタグラムをパソコンのブラウザで開き、画面上部に表示されているURL「https://www.instagram.com/」に相手のユーザーIDを追記して「https://www.instagram.com/〇〇」と入力した後にEnterキーを押すと表示されます)。

スパムや迷惑アカウントをブロックする際は特にためらう必要はありませんが、今後も関わりを持つであろう人のアカウントをブロックする場合は、円滑なコミュニケーションのためにも十分に配慮が必要です。

特定の相手をブロックする方法

ブロック機能を設定する際は、ブロックしたい相手のプロフィール画面から行います。

まず、ブロックしたい相手のプロフィール画面を開いてください。

インスタグラムアカウントの検索機能を利用してユーザーIDやユーザーネームを入力するか、いいね!やコメントが自分の投稿についている場合はそのリスト内からユーザーネームをタップすることで開けます。プロフィール画面を表示すると画面右上に「...」というアイコンが表示されていますので、タップしてください。

すると、画面下にメニューが表示されます。 この中から「ユーザーをブロックする」をタップしてください。

「◯◯さんをブロックしますか?」という、ブロックするかどうか確認する画面が表示されます。

本当にブロックしてよければ「ブロック」をタップしてください。

最後に「◯◯さんがブロックされました」というメッセージが表示されますので「閉じる」をタップします。 これでブロックの完了です。

なお、Android端末でインスタグラムを利用している場合はこのメッセージは表示されません。

ブロック機能を設定したら、確実にブロックできているか念のため確認をしましょう。自分のフォロワー・フォローリストから相手のアカウントが消えている、相手のプロフィール画面を開くと相手の投稿が見れない、という2つが確認できれば、ブロックできています。

ブロック機能・非公開機能を応用して特定の相手をブロックする

これは最終手段として使用してほしいですが、ブロック機能と非公開機能を利用して相手に不快感を与えずともブロックする方法があります。 どうしてもブロックしたいけれどブロックしたことに相手が気がつくとその後が心配、という場合は、この方法でブロックしてください。

まず、インスタグラムアカウントを非公開にします。

非公開アカウントにする方法は、下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。
インスタグラムを安心して使うために知っておきたい、アカウントの非公開と「おすすめアカウント」の非表示設定のやり方

続いて、前述の「特定の相手をブロックする方法」でご紹介した手順でアカウントをブロックします。 最後に、非公開アカウントのまま、すぐにブロックを解除します。 これで完了です。

アカウントをブロックすると相手からのフォローが自動的に外れます。そして、非公開アカウントにすれば、フォローしている人しか投稿を見ることができません。

この2つを組み合わせることで、相手のブロックを自分の意思で外せる・非公開アカウントなので投稿が見られない・ブロック機能は解除しているのでプロフィール画面は表示できる(つまりブロックされているとは考えられない)、ということになります。もし、その後相手からフォロー申請が来たり、フォローが外れていることを問いただされたりした場合は、インスタグラムの不具合かご自身の誤タップでフォローが外れているのでは・・・ということにしておけば責められようがありません。

その後も、フォロー申請を許可させられてしまった場合でも、しばらく時間を空けてこの手順を繰り返しましょう。

ブロックを解除する方法

一度ブロックしたものの、やはり解除したいという時のために、解除方法も覚えておきましょう。

ブロックする際と同じように、相手のプロフィール画面から解除します。または、相手のプロフィール画面で「フォローする」というボタンが表示されている場合は、タップしてフォローすることでブロックを解除することも可能です。

まず、ブロックしたけど解除したい相手のプロフィール画面を開きます。

画面右上に表示されている「…」アイコンをタップしてください。

画面下にメニューが表示されますので「ブロックを解除する」をタップします。

「◯◯さんをブロックを解除しますか?」という確認メッセージが表示されますので、ブロックを解除してよければ「ブロックを解除」をタップします。

最後に「ブロック解除」というメッセージが表示されますので「閉じる」をタップしてください。

ユーザーIDを探すことができない場合は、URLを使用してプロフィール画面を表示してこの手順でブロックを解除しましょう。URLを使用したプロフィール画面の表示方法は、この記事の中の「ブロック機能の利用で起こること」の中でご紹介していますので、今ご覧になっている画面を少し上に戻って確認してくださいね。

まとめ

ブロック機能を利用すれば、自分の投稿を見てほしくない場合や迷惑行為を行うアカウントなどを排除することができます。 自分の身を守りつつインスタグラムを楽しむためには、必ず知っておきたい機能です。

しかし、ブロック機能を利用することで人間関係に影響が出る可能性があることも、忘れてはいけません。心配な場合は、ブロック機能と非公開機能を応用して相手から自分の投稿が見られない方法でブロックしてくださいね。

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。