Instagramマーケティングを支援する情報サイト

インスタライブ配信をする方は必見!新たに追加された「モデレーター機能」とは

インスタライブ配信をする方は必見!新たに追加された「モデレーター機能」とは

こんにちは。長浜春香です。

インスタグラムにはフィードだけでなく、リールやストーリーズといったさまざまな機能があります。その中のひとつに「インスタライブ」があり、ほかの機能とは違ってリアルタイムで双方間のコミュニケーションを取ることができます。

さらに、インスタライブには「コラボ機能」や「映像・音声を消す機能」などもあり、特別な機材を使わずアプリだけで完結できるので、誰でも手軽に始めることが可能です。

さまざまな機能が追加されているインスタライブ。2022年3月11日にも「モデレーター機能」が新たに追加されました。

そこで今回は、ライブ配信で活用できるモデレーター機能についてご紹介します。

モデレーター機能とは

モデレーター機能とは、インスタライブ中にコメント管理やライブ配信から退出させることができる機能です。

具体的には、インスタライブ配信者が視聴者の中から1人を指名。指名された方がモデレーターとなり、ネガティブなコメントがあればそれを報告したり、特定の視聴者のコメントをオフにしたりすることができます。

さらに、モデレーターは問題がある視聴者をライブ配信から退出させることも可能です。外された視聴者に関しては、ライブ配信を視聴することができなくなります。

このように、モデレーター機能を活用することで、配信者はライブ配信だけに集中して取り組むことが可能です。

指名できるモデレーターは視聴者の中から自由に選択できるため、フォロワーでなくても問題ありません。ただし、モデレーターに指名されたら「絶対にやらなければいけない」というわけではなく、自身で設定を外すこともできます。また、ライブ配信者が後からモデレーターを外すことも可能です。

モデレーター機能を利用すると、設定されていることを視聴者に表示されますが「誰がモデレーターなのか」は表示されません。そのため、モデレーターはほかの視聴者に知られることなく安心して対応することができます。

ライブ配信が終了すると、モデレーターから「どのアカウントを報告したのか」「どのアカウントを外したのか」をまとめたレポートが送られてきます。これにより、次回ライブ配信をする際にどのアカウントに注意すればよいのかを知ることが可能です。

なお、モデレーターは「視聴者」が対象です。コラボ機能でライブ配信を行った際はゲストをモデレーターに指名することはできないので、その点は留意しましょう。

まとめ

インスタライブは、双方間でコミュニケーションが取れる便利な機能です。しかし、中には視聴者から心ない言葉を投げかけられることもあります。そのような場合は、新たに追加された「モデレーター機能」を活用することで、コメントを非表示にしたり退出させたりすることが可能です。

インスタライブ配信をする方は知っていて損のない機能となっているので、ぜひ覚えておきましょう。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴2年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事