Instagramマーケティングを支援する情報サイト

未成年者を守る!インスタグラムの最新機能

未成年者を守る!インスタグラムの最新機能

こんにちは。長浜春香です。

今や幅広い年齢層で使用されているインスタグラム。最新機能が続々と追加されているなか米国時間3月16日、今回は未成年者を守ることを目的とした機能が追加されました。

インスタグラムは本来、アカウントを作成することができるのは13歳以上と定められています。しかし、年齢を偽って登録されている可能性もあり、個人情報の観点から年齢を特定するのが難しくなっています。その課題解決のため、インスタグラムでは新たなAIや機械学習を開発し、成年と未成年者を判別できるようにして新しく追加した機能に適用したと発表しています。

インスタグラムの3つの新機能

未成年者を守るための新機能の1つ目が、「18歳未満の方とフォロー関係でない成年はダイレクトメッセージを送ることができないこと」です。

18歳未満の方にダイレクトメッセージを送ろうとすると、送信できない旨が表示されるようになります。学習機能を用いてある程度の年齢を予測しているほか、登録時に年齢を設定している場合はその両方に基づいて機能が働くようになっています。そのため、完全には防ぐことはできないものの、ある程度は予測されて機能が発揮するようになっているようです。

2つ目が「18歳未満の方と成年がフォローでつながっている場合であっても、ダイレクトメールで不審なやり取りがあれば18歳未満の方に警告の通知が届くこと」です。

たとえば、一方的に18歳未満の方にダイレクトメールを送るなどの不審な行動が見られた場合、18歳未満のユーザーに対してブロックや報告、制限といった選択肢が表示されるようになります。

3つ目が「18歳未満の利用者に対し非公開アカウントを推奨する」です。

18歳未満の方が新規でアカウントを作成する際に、「公開」もしくは「非公開」のどちらを選択するかが表示されるようになります。もし、公開アカウントを選択した場合は、非公開アカウントの推奨通知が届き、再度確認するよう表示されます。

インスタグラムでは、今後も若年層のユーザーが安心して使用できるよう新機能を追加していく予定だといわれています。

まとめ

幅広い年齢層が活用するインスタグラムは、SNSのなかでも利用者数がもっとも多く、人とつながりやすい分利用には十分に注意しなければなりません。

とくに、未成年の方は「フォロー関係にあるから大丈夫」と思わず、身を守る行動をとっていくことが大切です。自身の安全を守りつつ、インスタグラムを楽しく活用していくようにしましょう。

なお、インスタグラムでは3月10日、新たに「保護者のためのInstagramガイド」を更新しているので、ぜひご確認ください。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴1年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事