Instagramマーケティングを支援する情報サイト

ハイライトにも足跡が残る?残るケース・残るのを避ける方法・削除する方法をご紹介

ハイライトにも足跡が残る?残るケース・残るのを避ける方法・削除する方法をご紹介

こんにちは。長浜春香です。

インスタグラムにある「ハイライト機能」をご存じでしょうか? ハイライト機能は、投稿したストーリーズをまとめてプロフィール上に残しておくことができる機能です。

スポンサーリンク


上記の画像、赤枠で囲っている箇所がハイライトです。ここに投稿したストーリーズをストックしておけるため、24時間経過して消えたストーリーズをあとからでも見ることができます。

そして意外と知られていないのが「ハイライトの足跡」。今回は、そんなハイライトの足跡についてご紹介します!

ハイライトに足跡はつくの?

多くの方が、「ハイライトを見ても足跡がつかない」と思っているようですが、じつは足跡が残る場合もあります。

それは、「投稿者が24時間以内にハイライトに追加した場合」です。投稿から24時間経過していないハイライトを見ると、足跡が残ります。そのため、「ハイライトから見れば足跡がつかない」と思って見ていると、じつは足跡で閲覧したことが知られてしまうのです。

これは、鍵垢で見た場合も同様です。

ハイライトの足跡はストーリーズと同じく、左下に表示されます。

足跡は投稿者側の画面に48時間表示されるので、その間であれば投稿者は誰がハイライトを閲覧したのかがわかります。48時間以上経過すると足跡が消えるため、確認できません。

なお、上記の画像左下に「アクティビティ」とありますが、そこではハイライト機能を見て「いいね」をした方を確認できます。

ハイライトに足跡が残るのを避ける方法

ハイライトに足跡を残したくない場合は、24時間以内の投稿を見ないようにするしかありません。24時間以内の投稿がハイライトに追加されていないかを確認する方法としては、プロフィールアイコンを確認することが挙げられます。

ストーリーズを投稿した場合、プロフィールアイコンの枠が上記の画像のようになります。枠が暖色になっていれば、24時間以内にストーリーズが投稿されたということ。つまり、ハイライトに追加されている可能性があると考えられます。

次に、プロフィール画面から見て一番左にあるハイライトは見ないようにしましょう。

ハイライトに追加すると、新しく追加されたものが一番左側にきます。

上記の画像を例にすると、現在の並びが「新機能」「個人」「ビジネス」となっています。「個人」のハイライトに投稿を追加すると一番左側に移動するため、「個人」「新機能」「ビジネス」の順番になるということです。よって、一番左側にあるハイライトは見ないほうが堅実です。

ハイライトに足跡を残したくない場合は、ハイライトの中の右側の投稿を見ないようにするのもおすすめです。

たとえば「新機能」のハイライトをタップすると、複数の投稿が表示されます。左が一番古い投稿で、右にいくにつれて新しい投稿になっています。右側に24時間以内のストーリーズがハイライトに追加されていると、足跡が残ります。そのため、右側の投稿は見ないようにしましょう。

なお、画面の右側をタップすると次の投稿に進むので、足跡を残したくない場合はタップしないように注意してください。

ハイライトの足跡を消す方法

ハイライトに足跡を残してしまった場合、以下の方法で消すことができます。

アカウントを削除する

ハイライトの足跡は、アカウントを削除することで消すことができます。もし、インスタ閲覧専用としてのアカウントで消しても問題ないという場合は、アカウントを削除するとよいでしょう。

アカウントを一時停止する

アカウントを一時停止することで、足跡を消すことも可能です。ただし、一時停止をしたからといってすぐに再開してはいけません。ハイライトの足跡が表示される48時間以内にアカウントを再開した場合、足跡も再度表示されるようになります。そのため、ハイライトの足跡を消したい場合は48時間アカウントを一時停止する必要があります。

なお、アカウントの削除方法や一時停止・再開方法は以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

インスタグラムのアカウント削除の方法|一時停止と再開手順も解説

一時的に相手をブロックする

手軽にできる方法に、相手をブロックすることが挙げられます。相手をブロックすると足跡が消えるため、ハイライトを見たことが知られる心配はありません。ただし、一時停止と同様にすぐに解除すると足跡が表示されるようになるので、48時間はブロックしたままにしましょう。

相手をブロックした場合はそのほかの投稿なども見れなくなるため、その点は注意が必要です。また、ブロックするとフォロワーが解除されます。再度フォローすると相手に通知がいきますし、相手が自分のアカウントを検索したときに「一致するユーザーがいません」と表示され、ブロックしていることがバレてしまうことがあります。そのため、ブロックをする際も十分に注意しましょう。

なお、ブロックについては以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

これだけ読めばすべてわかる!インスタグラムのフォロー削除・ブロック機能・ミュート機能のいろは

スポンサーリンク

まとめ

24時間以内に投稿したストーリーズをハイライトに移した場合、そのハイライトを閲覧すると足跡が残ります。そのため、「足跡を残したくない」という方は、ハイライトも見ないようにする必要があります。

もしハイライトに足跡が残ってしまい、それを消したいときは「アカウントの削除」「アカウントの一時停止」「相手をブロックする」という方法しかありません。手間がかかってしまうほか、ブロックしたことによって相手との関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。そのような事態を避けるためにも、ハイライトに足跡を残したくないときは閲覧しないよう注意が必要です。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴2年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事