Instagramマーケティングを支援する情報サイト

インスタグラム|オンライン表示の確認・非公開の方法

インスタグラム|オンライン表示の確認・非公開の方法

こんにちは。白石ふくです。 

インスタグラムを愛用している方の中には、友達とのプライベートなメッセージのやりとりにインスタグラムのダイレクトメッセージを使用している方も多いのではないでしょうか。 

ダイレクトメッセージの画面をみると、「オンライン中」「○時間前にオンライン」のような、「オンライン表示」を確認することができます。オンライン中だと比較的すぐ連絡がとれそうだな、というように相手のステータスがわかる便利な機能ですが、中には自分のオンライン状況を知られたくない方もいますよね。 

そこで今回は、そもそもインスタグラムの「オンライン表示」とはなにか、自分のステータスを非公開にする設定についてご紹介します。 

デフォルトではステータスが表示されるようになっていますので、設定変更をしたい方は記事内でご紹介している手順に従って変更してくださいね。 

インスタグラムの「オンライン表示」って? 

冒頭でもご紹介したように、インスタグラムのダイレクトメッセージ画面を開くと、相手がオンライン中かどうかなどのステータスを知ることができます。 

相手のプロフィール写真の右下端に、緑の点がでているのをみたことはありませんか?緑の点が表示されているアカウントは「現在オンライン中である」ことを示しています。インスタグラムアプリを閉じてから約5分が経過するまでは、「オンライン」と判断されます。 

現在オンライン中でないアカウントについては「○分前にオンライン」「昨日アクティビティがありました」のように、いつインスタグラムにアクセスしたかが表示されています。なお、ここで表示されている「○分」や「○時間」は、おおよその目安です。 

相手が自分のステータスが表示されないように設定をしている場合は、上画像のオレンジ枠で示しているように、最後にダイレクトメッセージの文章といつやりとりをしたのかが表示されています。 

ステータスが表示される条件 

ステータスが表示されるためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。自分のダイレクトメッセージの画面を見てもオンライン表示がない、という場合は、以下の条件をすべて満たしているか確認してみてください。 

ダイレクトメッセージのやりとりをしたことがある、またはストーリーズにコメントをしたことがある(されたことがある) 

ダイレクトメッセージの画面には、これまでにインスタグムのダイレクトメッセージでやりとりしたスレッドのみ表示されています。 

または、相手のストーリーズにコメントをしたり自分のストーリーズに相手からコメントをされたりしたことがある場合も、ダイレクトメッセージの画面にスレッドとして表示されています。 

ここに表示されているアカウントのステータスのみ、確認することができます。 

自分が相手をフォローしている、または相手が自分をフォローしている 

自分が相手をフォローしている、または相手が自分をフォローしていれば、ステータスが表示されます。 

お互いにどちらもフォローしていない場合は表示されませんので、相手のステータスを確認したい場合はアカウントをフォローしましょう。 

自分・相手の両方のアカウントで、オンライン表示の設定がオンになっている

自分のアカウントの設定も、ステータスを確認したい相手のアカウントの設定も、どちらもオンライン表示の設定が「オン」になっている必要があります。自分のステータスを非公開にしている状態では、相手のステータスも知ることができない、ということです。 

条件を満たしているのに表示されない場合 

上記の条件をすべて満たしていても、ステータスが表示されないことがあります。 

その主な原因は「相手がフォロワーになったばかりまたは「相手がインスタグラムに登録をしたばかり」「相手がパソコン版のインスタグラムを使用している」の3つです。 

「相手がフォロワーになったばかりまたは「相手がインスタグラムに登録をしたばかり」のいずれかの場合は、数日時間をおくとステータスが表示されるようになります。 

「相手がパソコン版のインスタグラムを使用している」場合はインスタグラムの仕様上ステータスは表示されません。 

そのため、たとえば「ほかの人のステータスを知りたいので自分のステータス設定をオンにしているが、オンライン中であることを知られたくない」という場合、パソコンのブラウザからインスタグラムを閲覧すると「オンライン中」という表示は出なくなる、ということです。 

ただし、ブラウザ上でデベロッパーツールを利用してアプリと同じような画面で操作している場合はステータスが表示されるようです。 

(デペロッバーツール を利用してパソコン上でインスタグラムアプリを使用する方法は、Frigate内の「インスタをPCで利用する方法|写真や動画、ストーリーズ投稿編」の記事を参考にしてください。) 

オンラインであることを非公開にする方法

オンライン表示の設定をオフにして自分のステータスを非公開にする方法をご紹介します。 

先にもご紹介したように、自分のステータスを非公開にするとほかのアカウントのステータスを知ることはできなくなるので、注意してください。なお、設定方法は公開アカウント・非公開アカウント・ビジネスアカウントのどれであっても同じ手順です。 

まず、プロフィール画面を開き、画面右上の三本線のアイコンをタップします。すると画面下からメニューが表示されますので「設定」をタップします。 

「設定」画面が表示されますので、「プライバシー設定」を選択します。 

「プライバシー」の画面が表示されたら「アクティビティのステータス」をタップします。 

ここで「アクティビティのステータスを表示」のボタンが青くなっていれば、設定がオンになっています。非表示にしたい場合はボタンをタップしてください。上画像は、ステータスの表示をオフにしている状態です。 

まとめ

2019年10月4日に、インスタグラムは新しいメッセージアプリ「Threads」を発表しました。「Threads」では、自分のステータスを相手に知らせることができる、ありそうでなかったメッセージアプリです。 

インスタグラム上ではオンライン表示の設定をオフにしておき、とくに仲の良い友達とダイレクトメッセージをやりとりする際は「Threads」を利用して相手にステータスを知らせるようにする、という使い分けをしてみるのもよいでしょう(その場合、相手にも「Threads」をインストールしてもらってくださいね!)。 

「Threads」の基本的な使用方法については、Frigate内の以下の記事にてご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください! 

インスタグラムの新アプリ「Threads」とは?

以上、白石ふくでした。 

この記事を書いた人

白石ふく

白石ふく

ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。

関連記事アイコン 関連記事