Instagramマーケティングを支援する情報サイト

【保存版】インスタグラムの運用におけるリスク(炎上やマナー)対策と管理のコツ

【保存版】インスタグラムの運用におけるリスク(炎上やマナー)対策と管理のコツ

インスタグラムはTwitterに比べて「炎上しにくい」と言われています。

こんにちは、久我です。インスタグラムもかつてはいろいろと物議を醸したこともありましたが、今ではみんなが楽しめるSNSになっていますよね。

でもそんなインスタグラムでも気をつけるべきリスクはありますので、今回はそれらを解説します。

インスタグラム運用のリスク

画像の引用

インスタグラムをはじめる以上、どうしても晒されるリスクがあります。それは画像の引用です。

利用規約にも、埋め込みなど共有のくだりは書かれていますので、それは残念ながら仕方のないことです。

ただ、防ぐための行動をしなくてもよいというわけではありません。

おすすめはプロフィール欄に利用の範囲について明記することと、それ前提での運用にすることです。

プロフィールに明記

利用範囲を表明することは、著作権管理において、もっとも基本的な手法です(たいていは「ご自由に!ぜひ拡散してください」などが多いです)。

たとえばご当地キャラクターのくまもん。あのキャラも、実は手放しに無料で使ってよいわけではありません。ちゃんと公式ホームページに利用範囲が書かれています。

このような戦略をオープンライセンス戦略と言い、マーケティング手法のひとつです。

インスタグラムのプロフィール欄に、「こういう利用はOK」「こうのはNG」といったように明記することがユーザーにとって親切と言えます。

ハッシュタグで宣言

インスタグラムではハッシュタグが独特のカルチャーを形成しています。

そこで、よく見られるのが「#publicdomain」というハッシュタグです。

#publicdomain インスタグラム写真と動画

パブリックドメインは、「個人・商用どんなふうに利用してもOK」「パブリック(人類)の財産だよ」という権利表明のもっとも緩いカテゴリーです。

つまり、その画像を表紙にしてCDジャケットにして販売をしても許されますし、個人がブログに使ってもOKなのです。ただしそれでも、投稿者が人からの画像をパクってパブリックドメインだと言っているケースもゼロではないので、確認は必須です。

あなたのインスタグラム投稿も、「#publicdomainとして使ってOK」という表明をすることで、世界中で利用される可能性はあるわけです。

リスクをあえて「攻め」に使うという考え方ですね。

ハッシュタグに利用の範囲を明記することは、ユーザーの目につきやすいため、プロフィールに書くよりも親切と言えます。

映り込みのリスク

無論、引用意外にもリスクは存在します。たとえば、こちらが意図しない情報発信です。

ショップの風景などでたまたまお客様が写ってしまうことがあります。しかし、その肖像権は当然ご本人にあるので、削除要請があれば対応しなくてはなりません。

また、主従でいえば「主」とする画像で、他の人の意匠を使うこともいけません。たとえば、有名キャラクターや人気のデザイン建物など。引用の範囲であれば問題はありませんが、あたかもそれがメインであるような投稿は避けたほうがよいでしょう。

これらの対応は迅速が基本ですが、その時間こそがリスクですので、そもそも写り込みには注意しましょう(著作権上は近年範囲は拡大がされましたが民事という点では注意するにこしたことはありません)。

個人情報流出のリスク

インスタグラム運用では、個人情報の流出にも気をつけなければなりません。たとえば、上述した映り込みでは背景から場所を特定される恐れもあります。また、お客様とDMでやり取りをすることもあるはず。その場合、個人情報になりそうなやり取りをしていると、万が一アカウントの乗っ取りに遭った際にお客様の個人情報が流出しかねません。

DMでは個人情報になりそうな話はしない、アカウント乗っ取りされないように対策するといったことが必要です。

なお、アカウントの乗っ取りを防ぐ方法は以下の記事でご紹介しているので、ぜひあわせてチェックしてください。

【重要】インスタグラムの乗っ取りを防ぐ方法とアカウント解除のやり方

システム上の想定すべきリスク

これは、法人アカウントではあまりないかとは思いますが、インスタグラムではシステム上以下のことは出来る、ということを理解しておきましょう。

非公開アカウントでもシェアされる

個人利用などでよく見られる非公開アカウント。

これは、承認したフォロワーだけに自分の投稿を見せることができる機能です。友達同士だけで使いたい、などといった利用を想定しています。

写真や動画を非公開にして、承認済みのフォロワーだけが表示できるようにするにはどうすればよいですか。 | Instagramヘルプセンター

ただ、その画像をフォロワーが勝手に使わない、という保証はありません。後述します有名人の画像流出なども、そういう経路で出回ることも多いようです。リポストなども理論上は可能ですので、完全な管理はできないと考えたほうが良いでしょう。

他SNSへのシェアで閲覧可能になる

「プロフィールを非公開にしている利用者がInstagramを使ってソーシャルネットワークサイト(Twitter、Facebook、Foursquareなど)に写真や動画をシェアすると、そのネットワーク上で画像が公開され、リンクがアクティブな状態となります。」

引用:他のソーシャルネットワークサイトで写真をシェアするとどうなりますか。 | Instagramヘルプセンター

公式ヘルプには上記のように書かれています。つまり、写真への直接リンクやURLがわかってしまえば、じつは誰でも写真にアクセスできるということ。

プライバシー設定も過信は禁物です。

リポスト(リグラム)のリスク

インスタグラムではTwitterと違い、基本的にはリツイート(他社の投稿をそのまま引用して投稿/自分のフォロワーに転送)はできません。

しかし、それを実現するアプリが登場し、有名モデルや芸能人が使い、広がりをみせています。

誰でも簡単!インスタグラムでリポスト(リツイート)する使い方と活用事例

仕組みとしては、一旦画像をコピー(アカウント名を画像に追加することでいちおうは配慮)し、その画像を自分のインスタグラムで投稿する、という仕組みです。

これは近年、ショップやブランドでも見られるようになり、引用元を表記する限りは市民権を得てしまったかの様相です。

ただ、その拡散を良しととるか悪ととるかですが、やはり、リグラムされるくらいの画像の品質を上げる、としたほうが精神衛生上もよいかとは思います。

リスク以上にマナーが大切

インスタグラムでは、リスク管理ということ以上に、マナーや節度という空気感を大切にすることが重要です。

インスタグラムは、自分の気に入ったおしゃれな写真を自分のタイムラインに並べるSNSとも言えます。そんな空間に土足で入り込むような投稿は、許されないと言ってもよいでしょう。

疑問や質問にはやさしく対応

すべてのコメントには対応するのは大変かもしれませんが、不満や疑問など、あなたの助けを必要としているコメントには優しくフォローして差し上げてください。

そして不備があれば迅速に対応しましょう。

また、インスタグラム運用をしていると中にはアンチコメントがつくこともあります。その場合は、やさしく丁寧に対応できればよいのですが、感情のままにコメントをしてしまう方もいます。ファンの方がコメントを読んで離れてしまうこともあるので、基本的にアンチコメントには反応しないことが大切です。

リポストするときは投稿者への敬意を忘れない

「ありがとうございます!私達の商品をデコっていただきました!」など、リスペクトをもって紹介、とするリポストは受け入れられるでしょう。

間違っても、あたかも自分で撮った写真のように投稿しないでください。

フォロワーへの配慮を忘れない

ビジネスでインスタグラムを活用する以上、いいね!をもらう以上に、どういう画像ならフォロワーに受け入れられるか、ということは常に考えたいものです。

こういうコーデはいかがですか?いまこのデザインが人気ですよという、人間同士での関係と同じような接し方で考えるとよいかと思います。

関連情報リンク

インスタグラム関連

共有範囲の拡大に騒ぎになったことも。もう過去の話ですね。

【インスタグラム騒動まとめ】Instagram運営「みんなの写真を事業や広告に使うかも」 ユーザー「フリー素材になるのイヤだ退会する!」→ それは少し誤解 | ロケットニュース24

画像の位置情報(Exif情報に含まれる)がアップされるのは解決しました。

【解決済み】Instagramで自宅がバレないために絶対に知っておきたい仕組み

SNS全般におけるマナー

フォローされた時のマナーについて。

【インスタグラム】フォローするときのマナーは?フォローされたときのマナーは? – 困ったー

肖像権や意匠権を侵害しないようにしましょう。

インスタグラムのマナーについて教えて下さい。最近、インスタを始… – Yahoo!知恵袋

炎上に関する対応関連

炎上の対応も含め参考になります。

ソーシャルメディアを使う上で意識すべき3つのこと|個人情報晒しのリスクとは

企業はSNSのリスクについてどう考えているのかという調査。これは必読。

ソーシャルメディア活用におけるリスク管理 | コンサルティング | 大和総研グループ | 大村 岳雄

アルファブロガー徳力さんの解説。参考になります。

五輪エンブレム騒動に私たちが学ぶべき炎上対応4つの基本(徳力基彦) – 個人 – Yahoo!ニュース

SNSコンサルティングの老舗ガイアックスさんの解説。勉強になります。

炎上を防ぐのは不可能!しかし炎上に対応することはできる!

書籍やスライド

書籍です。

Amazon.co.jp: ネット炎上対策の教科書: 小林直樹, 日経デジタルマーケティング: 本

書籍です。

Amazon.co.jp: クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本: 鷹野 凌, 福井 健策: 本

著作権に関するわかりやすいおすすめのスライドがあります。

セミナー「インディーズ作家が知っておくべき権利や法律を教わってきました」第1部で使用したプレゼン資料を公開します:群雛ポータル

まとめ

・システム上引用は仕方ない
・拡散前提で活用しよう
・著作権、肖像権、意匠権など権利を理解しよう

インスタグラムはシステム上、引用もしくはリポストは不可避です。

ビジネスで活用する上ではそれら前提で取り組むほうが前向きと言えるでしょう。いっぽうで、自分たちが冒してしまうリスクについても十分に理解して、迅速に対応するようにしましょう。

以上、久我でした!

すべてのインスタアカウントが丸見えに!?

インスタグラムを使っていて、芸能人や人気のインスタグラマーがどんな投稿をしているか気になったりしませんか?

インスタグラム分析ツールの「Aista」を使えば、投稿パターンや使われているハッシュタグの分析が簡単にできちゃいます。無料でお試し利用ができるキャンペーンをしているので、この機会に「Aista」を使ってみよう!

日本最大級のInstagram分析ツール「Aista」のご利用はこちら

この記事を書いた人

久我晃生

久我晃生

Insta歴3年。 家電メーカー、大手ECに勤めた後、SNS好きがこうじてnotariにジョイン。 趣味はデジカメと旅行。

関連記事アイコン 関連記事