Instagramマーケティングを支援する情報サイト

Twitterに似たSNS「Threads(スレッズ)」とは?

Twitterに似たSNS「Threads(スレッズ)」とは?
alert最終更新日から半年以上経過した記事です。

こんにちは。長浜春香です。

Facebookやインスタグラムを提供しているMeta社が、Twitterの対抗サービスとして「7月6日(木)に「Threads(スレッズ)」をリリースした」と発表しました。

そこで今回は、Threads(スレッズ)と最近のTwitter情報をご紹介します。

Threads(スレッズ)の特徴

Threads(スレッズ)は、インスタグラムのテキスト版のSNSです。見た目はTwitterに似ており、できることも「いいね」「シェア」「フォロー」など基本的に同じです。

インスタグラムを利用しているユーザーはインスタグラムのアカウントとThreads(スレッズ)を連携すると同じユーザーネームを使用できるほか、フォロワーも発見できます。

なお、Threads(スレッズ)で求められる個人情報は以下の通りです。

・健康とフィットネス
・購入
・財務情報
・位置情報
・連絡先情報
・連絡先
・ユーザコンテンツ
・検索履歴
・閲覧履歴
・ID
・使用状況データ
・機密情報
・診断
・その他のデータ

上記を見ると「こんなに個人情報を求められるのはイヤだ」と思う方もいるかもしれませんが、インスタグラムと変わりません。そのため、インスタグラムを利用している方は抵抗なく利用できるでしょう。

反対に、Twitterは匿名性が魅力のSNSです。インスタグラムを利用していないユーザーにとっては、情報収集の多さに懸念を抱くことがあるかもしれません。

Threads(スレッズ)の使い方

アプリをダウンロードしたら、まずは登録をします。インスタグラムのアカウントがないと利用できないため、持っていない方は先にインスタグラムを登録するようにしましょう。

インスタグラムを持っている方、登録が完了した方はアカウント名を選択します。ただし、注意点があります! それは、「Threads(スレッズ)だけのアカウント削除はできない」ということ。インスタグラムとアカウントが連携されるため、Threads(スレッズ)のアカウントを削除したいときは、インスタグラムのアカウントも一緒に削除しなければなりません。

登録したあとに「Threads(スレッズ)だけ利用を停止したいな」と思ったときは、プロフィールの利用解除を選択しましょう。利用解除をすれば、一時的にプロフィールやスレッドなどを非表示にすることができます。

「今使っているインスタグラムと連携したくない」「インスタグラムアカウントのフォロー・フォロワーに利用を知られたくない」という方は、Threads(スレッズ)専用のインスタグラムアカウントを開設し、それを連携するのも一案です。

では、以下からThreads(スレッズ)の使い方をご紹介します。

見た目はほとんどインスタグラムと変わりません。

①のホームはTwitterと似ており、文章だけの投稿も流れてきます。

②の虫眼鏡マークでは、アカウントを検索できます。インスタグラムのようにハッシュタグ検索はできず、またTwitterのように関連するKWを検索することはできません。例えば、「インスタ」と検索するとプロフィールにインスタの文字が入っているアカウントが出てきます。

③は新規スレッドの作成です。ここで文章を入力したり、画像や動画を挿入したりします。

④では、フォローリクエストや返信、メンションなどのアクティビティをチェックできます。

⑤はインスタグラムと同じく、プロフィールです。ここに自身のプロフィールやスレッドが表示されます。

使い方自体はさほど難しくありませんが、TwitterのようにKW検索ができないので不便を感じることはあるかもしれません。

最近のTwitter情報

7月1日の23時頃から、「API呼び出しの回数制限を超えました」と表示されて閲覧できないユーザーが続出しました。これは一時的な不具合ではなく、仕様のようです。

1日に見られるツイート数は制限されており、件数は「Twitter Blue(課金)ユーザー」「無料(無課金)ユーザー」「新規(未認証)ユーザー」によって異なります。

今後も継続されるのか定かではありませんが、7月4日現在も閲覧数が制限されているようです。この閲覧数は投稿を読まずにスクロールしただけでも閲覧したことになるため、すぐに上限数に達してしまう可能性があるでしょう。

これにより、Twitter離れをする方も多いと考えられます。

さらに、先ほど「TweetDeck(ツイートデック)」の新バージョンの提供を正式に発表したそうです。

TweetDeck(ツイートデック)の旧バージョンも「ツイートが読み込めない」とされていましたが、これに関してはデータ収集を防ぐためレガシーAPIを削除したことが原因のようです。先ほど発表のあった新バージョンに切り替えることでこの問題は解決するとのこと。また、自ら切り替えなくても今週中には自動で切り替えられるようです。

ただし、TweetDeck(ツイートデック)を利用するには「Twitter Blue」への加入が必要といわれています。つまり、TweetDeck(ツイートデック)が無料で利用できなくなってしまうのです。このサービスを引き続き利用したい方は、30日以内にTwitter Blueに加入するようにしましょう。

まとめ

最近はTwitterでさまざまな動きがあり、無料でも十分に楽しめていましたが閲覧制限がかかるようになってからはほかのSNSに流れるユーザーが増えつつあります。

今後も閲覧制限が継続する場合は、Twitterの代わりになるSNSとしてThreads(スレッズ)の利用も検討してみるとよいかもしれませんね。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴2年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事