【必見】Shop Nowを使ってみよう!投稿に製品タグをつける方法

使い方/ノウハウ 2018/06/08 2018/06/08

こんにちは。白石ふくです。

2018年6月5日、インスタグラムにて「Shop Now」という商品販売機能が実装開始されて大きなニュースになりました。筆者が管理している実店舗のインスタグラムアカウントにも実装されましたので、今回は実際にどのように投稿するのかを、手順を追ってご紹介します。

基本的に難しい操作はありませんが、Shop Now機能が実装されるためにはいくつかの条件を満たしている必要があります。もしまだ満たしていない場合は、まずは条件をクリアすることから始めてみてください!

Shop Nowで製品登録できる条件

インスタグラムのShop Now機能を使用して製品登録をするためには、いくつかの条件があります。 以下の条件をすべて満たしていれば自動的にアカウント審査が行われて、利用できるようになるとプロフィール画面に「ショップ」というメニューが表示されます。

・インスタグラムアカウントがビジネスプロフィールへ移行されている

・インスタグラムアカウントとFacebookページが連携されている

・Facebookページでショップ機能を追加しているか、ビジネスマネージャでカタログの作成をしている(または、BASE、EC-Cube、minnne、カラーミーショップなどのECプラットフォームと連携している)

・提供者契約とコマースポリシーに準拠した、物理的な商品を販売している

参考:

Instagram、フィード投稿から商品が購入できる「ショッピング機能」を日本国内で導入開始 | Facebookニュースルーム

提供者契約とコマースポリシーに関しては、上記の参考URLより確認できます。 インスタグラムアカウントのビジネスプロフィールへの移行は、Frigateの以下の記事を参考にしてみてください。

【必見】インスタグラムのビジネスアカウントの切り替え方とインサイトの見方を知ろう!

Shop Nowで製品登録をしてみよう

まずプロフィール画面を表示します。 投稿一覧の上の「ショップ」というメニューをタップします。

「タグ付けされた製品の投稿はここに表示されます」という画面が表示されます。 ここで「投稿を作成」をタップします。 製品がタグ付けられている画像や動画を9投稿以上作成すると、この画面は公開状態になります。 フォロワーやアカウントの訪問ユーザーは、プロフィール画面から「ショップ」をタップすると、製品がタグ付けられている投稿のみを確認できるため、購入できる投稿を探す手間が省けます。 アカウントをみてくれるユーザーのためにも、早めに9投稿以上を作成しましょう。

「投稿を作成」をタップすると、カメラロールが開いてインスタグラムのフィード上への投稿と同じ操作で投稿を作成できます。 写真や動画を選択して、フィルター加工など行いましょう。

写真や動画の準備ができると、キャプション入力画面が表示されます。 キャプションを入力したら、その下の「製品をタグ付け」をタップしてください。 なお、Shop Now機能を利用して製品をタグ付けした場合は、ほかのアカウントをタグ付けすることはできません。

「製品をタグ付け」の画面が表示されますので、画面上のどこでも構いませんのでタップします。

するとインスタグラムアカウントと連携しているFacebookページのショップ情報が読み込まれて、その中からタグ付けする製品を選ぶことができます。

1投稿に付きタグ付けできるのは5製品までです。複数のタグをつけたい場合は、画像をタップして製品を選ぶ、という手順を繰り返してください。

タグつけできたら「完了」をタップします。

キャプション入力画面に戻りますので「タグ付けされた製品をプレビュー」をタップして、実際にどのような投稿になるのか確認します。

プレビューを確認できたら、シェアをして完了です。

投稿は再編集可能で、キャプション内容の編集はもちろん、製品タグの編集もできます。 再編集をしたい場合は、まず投稿の右上の「…」アイコンをタップします。 画面下からメニューが表示されますので「編集する」をタップしてください。

編集画面が表示されます。 キャプションを編集したい場合はテキストをタップ、製品タグを編集したい場合は画像の左下に買い物カゴアイコンが黒く表示されていますのでここをタップします。

「製品をタグ付け」の画面が表示されますので、製品がタグの編集をしてください。

まとめ

Shop Nowの機能を使用すると、投稿からすぐに商品を購入できてとても便利ですよね。 製品タグのついた画像や動画を9投稿以上すれば、自動的にインスタグラムのアカウント内にショップができあがるのも魅力的。 ただしこの機能は実装されたばかりなので、ユーザーの中にはまだ馴染みのない方もいます。 そのため「画像をタップすると商品を購入できます」というような内容のキャプションをつけておくと、導線を作ることができますよ!

製品タグがついている以外は通常の投稿と変わらないので、ハッシュタグの工夫も大切。また、写真を加工しすぎてしまうと実物とイメージとの間に大きな差が生まれてしまい、ユーザーのマッチングリスクを高めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。