Instagramマーケティングを支援する情報サイト

【Threads(スレッズ)】新たに追加された6つの機能をご紹介

【Threads(スレッズ)】新たに追加された6つの機能をご紹介
alert最終更新日から半年以上経過した記事です。

こんにちは。長浜春香です。

2023年7月6日からリリースされたThreads(スレッズ)では、徐々に新しい機能が登場しています。

そこで今回は、米国時間8月9日に追加された機能をご紹介します。

Threads(スレッズ)に追加された6つの機能

1.Threads(スレッズ)の投稿をインスタグラムのDMとして送信する

「Threads(スレッズ)の投稿をほかの人に共有したい」という場合に使用できる機能です。

やり方は、共有したい投稿の紙飛行機マークをタップし、シェアを選択。インスタグラムアプリを選択するとインスタグラムのDM画面が開くので、送りたい人を選んで送信するだけです。

2.「いいね!」した投稿を一覧で確認する

Threads(スレッズ)アプリを開き、プロフィール画面を表示します。続いて、右上の設定画面を開き、「あなたの「いいね!」を選択します。すると、「いいね!」した投稿を見ることが可能です。

3.フォロワーやフォローしている相手のリストを「新しい順」か「古い順」に並べ替える

フォロワーやフォローしている相手を「新しい順」か「古い順」に並び替えたい場合は、プロフィール画面の「フォロワー」を選択します。すると、フォロワー・フォロー中・待機中の画面が表示されるので、その右上にある「並び替え」を押します。そこから、「新しい順」「古い順」を選択しましょう。

4.ポストする画像や動画に代替テキストを追加する

代替テキストとは、簡単に説明すると文章を読み上げてくれる機能です。たとえば、視覚に障害がある方向けにテキストを入力しておくことで、何の画像・動画がわからなくても音声で説明することができます。

代替テキストはX(旧:Twitter)にも導入されています。画像の左下に「ALT」と記載されているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。これが代替テキストです。

Threads(スレッズ)では、投稿時に画像や動画を挿入すると左下に「代替」と表示されます。そこをタップするとテキスト入力画面に切り替わるので、そこに文章を入力すれば画像や動画に代替テキストを追加することが可能です。

5.Mastodon上でThreads(スレッズ)プロフィールを検証する機能を追加

Mastodonは、X(旧:Twitter)のようなSNSです。そのMastodonとThreads(スレッズ)のプロフィールにそれぞれのリンクを貼り付けることができます。これにより、2つのアカウント間の関係を確立することが可能です。

やり方はとても簡単で、まずMastodonプロフィールをThreads(スレッズ)プロフィールに追加します。次に、Threads(スレッズ)プロフィールのリンクをMastodonプロフィールの「Extra fields」に追加し、変更を保存すればOKです。

6.「@ユーザー名」でメンションする

これは X(旧:Twitter)と同じで、「@ユーザー名」でメンションすることができます。

まとめ

Threads(スレッズ)がリリースされてまだ間もないですが、新しい機能が続々と追加されています。今後も機能が追加され次第、Frigateでご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴2年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事