Instagramマーケティングを支援する情報サイト

リミックス機能で画像の使用が可能に!新たに追加された機能をご紹介

リミックス機能で画像の使用が可能に!新たに追加された機能をご紹介

こんにちは。長浜春香です。

インスタグラムのアプリを開くと画面の下部に表示されるリール。時間の長さは15秒・30秒・60秒・90秒から選ぶことができ、ショートムービーを投稿することが可能です。

今や多くの人が活用しているリールには新たな機能が続々登場しており、米国時間の7月21日にも複数の機能がアップデートされています。

そこで今回は、新たにアップデートされたリールの機能についてご紹介します。

リミックス機能では写真を使用することも可能

Image by:インスタグラム

リミックス機能とは、ほかの人の投稿動画を使ってコラボレーション動画を作成できる機能です。

使える動画はリール動画とフィード動画のみで、かつリミックス機能をオンにしている動画が対象です。

しかし今回、リミックス機能がアップデートされたことにより、写真を素材として使用することができるようになりました。

使える写真は公開アカウントが投稿している画像が対象です。初期設定では写真の使用が許可されている状態になっているので、もし「写真を使われたくない」という方は、許可しないよう設定を変更する必要があります。

リミックス機能のレイアウトオプションの追加

リミックス機能では、縦割り・横割りの分割レイアウトやグリーンスクリーン、ピクチャーインピクチャーを選択することができます。

クリップの追加

使用したい素材と自分の動画の2つが同時に流れるだけでなく、オリジナルの画像・動画を流したあとに自分の動画を流すことも可能です。

リール作成時に使用できるテンプレとデュアル機能を追加

Image by:インスタグラム

このほか、リール作成時に使用できるテンプレも拡充しています。また、デュアル機能も追加されており、これはスマホの背面カメラで撮影しながらインカメラでも撮影できる機能です。

まとめ

今回新たに追加された機能を使えば、よりオリジナリティ溢れるリールを作成することができます。

そのため、まだリール機能を使ったことがない方は、ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか?

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴2年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事