Instagramマーケティングを支援する情報サイト

【プロアカウントの方必見!】リールとインスタライブ配信にインサイトが追加

【プロアカウントの方必見!】リールとインスタライブ配信にインサイトが追加

こんにちは。長浜春香です。

インスタグラムには、「個人用アカウント」「プロアカウント」の2種類のアカウントがあるのをご存知でしょうか?個人用アカウントは、基本的にプライベート用として活用。そして、プロアカウントはさらに「ビジネスアカウント」「クリエイターアカウント」の2種類に分けられます。

今回は、「プロアカウント」向けの機能が新たに追加されたので、新機能とともにインサイトとは具体的にどういうものなのかについてご紹介します。ぜひ、ご参考ください。

リールとインスタライブ配信でもインサイトの確認が可能!

インスタグラムは、米国時間の5月24日に「リールとインスタライブ配信のインサイト」を追加したと発表。これにより、プロアカウントを運用している方はより効果的な運用を行えるようになります。

リールとインスタライブ配信に追加されたインサイトは以下のとおりです。

リール

・リーチしたアカウント数

・再生数

・いいね!数

・コメント数

・シェアされた数

・保存された数

インスタライブ配信

・リーチしたアカウント数

・ピークの同時視聴者数

・コメント数

・シェアされた数

今回新たに追加されたリールとインスタライブ配信のインサイトは、これまでと同じくプロフィールから表示される「インサイト概要」に反映されます。そのため、インサイト概要から合わせてチェックすることが可能。また、投稿ごとでも確認することができます。

そもそもインスタグラムのインサイトとは?

インスタグラムのインサイトとは、無料で使える「分析ツール」です。リーチしたアカウント数やフォロワーの情報などを確認できるため、より効果的な運用を行えるようになります。ただし、フォロワーの情報(性別や年齢層など)は100人以上のフォロワーがいないと詳細が確認できないので、あらかじめ注意しましょう。

また、このインサイト機能は「プロアカウント」でしか利用できません。そのため、インサイト機能を利用したい場合は、プロアカウントに切り替えるようにしましょう。

なお、個人用アカウントからプロアカウントへ切り替える方法は、以下の記事でご紹介しています。ぜひ、ご参考ください。

クリエイターアカウントに切り替えよう!設定方法を徹底解説

インサイト機能を使うことで、「どのような投稿が人気なのか」「ターゲットとする年齢層に合った投稿になっているのか」などを把握できるようになります。

たとえば、30代の方をターゲットにした商品紹介の投稿をしたとします。インサイト機能を使ってフォロワーの情報を見ると「10〜20代が多い」となれば、商品がなかなか売れなくなってしまうので、軌道修正しなければなりません。インサイト機能を使えば、このように「なぜ30代ではなく、10〜20代が多いのか」という課題に気づくことができ、改善を図っていけるのです。

そのため、プロアカウントを活用する方にはインサイト機能が欠かせないと言えます。

今回、リールとインスタライブ配信のインサイトが追加されたことによって、さらに効果的なインスタ運用が行えるので、ぜひ確認してみてください。

まとめ

プロアカウントを運用するうえで欠かせない「インサイト」。新たにリールとインスタライブ配信にもインサイトが追加されたため、ますます効果的な運用を行っていけるようになりました。現在、表示されるデータ期間は「過去7日間」と「過去30日間」のみになりますが、今後数ヶ月以内に「過去14日間」「前月」「過去90日間」も選択できるようになるとのこと。これにより、中長期的にパフォーマンスの把握が行えるようになります。インサイトの確認をまだ行っていない方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、長浜春香でした。

この記事を書いた人

長浜 春香

長浜 春香

Instagram歴1年。 趣味は旅行と音楽・映画鑑賞。スマホで写真を撮影するのが好き。 インスタグラムに関する役立つ情報を発信していきます。

関連記事アイコン 関連記事