Instagramマーケティングを支援する情報サイト

ドキドキのバレンタインをインスタグラムでも!バレンタインデーインスタグラムキャンペーン10選(インセンティブあり)

ドキドキのバレンタインをインスタグラムでも!バレンタインデーインスタグラムキャンペーン10選(インセンティブあり)
alert最終更新日から半年以上経過した記事です。

インスタグラムアカウントを一定期間運用していると、だんだんと投稿内容がマンネリ化してくるー。 なんでもそうですが、同じことを長期間続けることの重要性はわかっていても、だんだんと飽きがきてしまうのも事実です。 そんな時にはキャンペーンを開催して、アカウント運用に刺激を与えてみてはいかがでしょうか。

こんにちは。白石ふくです。 2月といえば、何を思い浮かべるでしょうか? そうです!男女ともにドキドキのバレンタイン!! 高校生くらいまでは、好きな人に無事チョコを渡せるかorもらえるかでドキドキが止まらなかったことでしょう。

大人になった今でも同じようにドキドキすることと思いますが、さらにドキドキしていただくために、今回はインスタグラムを使用したバレンタインキャンペーン10選をご紹介します。抽選などでプレゼントが当たるか、というドキドキもまた乙なものです!

企業のインスタグラム運用担当者の方も、自社で行うキャンペーンの参考になるものばかりです。キャンペーンを行うと、企業プロモーションになるだけではなく新しいアイディアが生まれてアカウントの活性化につながります。

今回バレンタインキャンペーンを行わなかった場合でも、アイディア次第ではいつでもキャンペーンを開催することができます。今回ご紹介する10選を参考に、ぜひキャンペーンを行ってみましょう!

2017年のインスタグラムを使用したバレンタインキャンペーン10選

ABC Cooking Studio

詳細はこちら

応募期間:〜2月28日
インセンティブ:抽選で10名にABCオリジナルグッズのプレゼント

ABCクッキングの写真・動画投稿キャンペーンです。 インスタグラムで参加することができます。 ABCクッキングの公式アカウントをフォローした後、自宅やABCクッキングのレッスンで作ったバレンタインに関連する料理やケーキなどの写真・動画を撮影し、ハッシュタグ「#ABCバレンタイン2017」「#ABCケーキ」をつけて投稿することで応募が完了します。

ABCクッキングは、全国的に有名な料理教室です。 季節にあった料理やお菓子の作り方を勉強することができ、2月はもちろんバレンタインに関連したメニューを習得することができます。 容器やラッピングなどもセットになっているため、料理が苦手な人でも手作りのお菓子などをプレゼントすることができます。

特設サイトで今月のレッスン内容を見てみましたが、どのメニューもインスタグラム映えしそうなものばかりです。自社サービスとインスタグラムの相性がよく考慮されている事例と言えます。

阪急うめだ本店

詳細はこちら

応募期間:1月18日〜2月14日
インセンティブ:抽選で20名にチョコレートをプレゼント

高級百貨店の阪急のうめだ本店で開催されている写真投稿キャンペーンです。

バレンタインチョコレート博覧会の公式インスタグラム「@hankyuchoco」をフォローした後、阪急うめだ本店の1階ウィンドウや9階のバレンタイン会場内で撮影したバレンタイン写真を、ハッシュタグ「#hankyuchoco #バレンタインチョコレート博覧会 #umefun」をつけて投稿することで応募が完了します。

阪急では、バレンタインやクリスマスなどイベントに合わせてさまざまなSNSキャンペーンを開催しています。今回のバレンタインキャンペーンもそうですが、店舗への来店を促すキャンペーンが多く、実店舗とSNSをうまく融合させた事例と言えます。

東急ハンズ

詳細はこちら

応募期間:1月10日〜2月14日
インセンティブ:優秀作品投稿者10名に東急ハンズで使用できるギフトカード5,000円分をプレゼント

東急ハンズの写真投稿キャンペーンです。東急ハンズの公式アカウントをフォローした後、ネイル写真や手作りのお菓子、手書きカードなど、手を使用したバレンタインに関する写真を、ハッシュタグ「#ハンズのチョコ活」をつけて投稿することで応募が完了します。

東急ハンズではさまざまなタイミングで一年を通してSNSを活用したキャンペーンが開催されていますが、どれもユーザーと東急ハンズのインスタグラムアカウント運用者のどちらも楽しめるような内容のものが多いことが特徴です。

今回のテーマも、バレンタインキャンペーンとしてよくある手作りのお菓子やチョコレートなどに限定したものではなく「手を使ったもの」にすることで、投稿内容の幅を広げています。広告色を消してとにかく「楽しめるもの」に焦点を当てることで、企業そのもののプロモーションも成功している事例と言えます。

レシピブログ

詳細はこちら

応募期間:〜2月15日12時
インセンティブ:抽選で52名にアイテムのプレゼント

16,000もの料理ブログが登録されている料理ポータルサイト、レシピブログの写真投稿キャンペーンです。公式アカウントをフォローした後、料理やお菓子などのバレンタインレシピを撮影し、ハッシュタグ「#バレンタインレシピ」をつけて投稿することで応募が完了します。

さまざまな料理のレシピが掲載されているポータルサイトのため、おしゃれでインスタグラム映えする料理を見て参考にできるだけではなく、その作り方まで知ることができるため、キャンペーンに参加するだけではない楽しみがあります。

キャンペーンの参加者だけではなく、特設サイトを閲覧しただけのユーザーも思わずSNSでシェアしたくなるような内容が満載で、まさにSNSを活用したキャンペーン事例と言えます。

LOFT

詳細はこちら

応募期間:1月19日〜2月14日
インセンティブ:優秀作品投稿者3名にLUMIX GF9をプレゼント

LOFTの写真投稿キャンペーンです。公式アカウントをフォローした後、バレンタインに関連した写真を撮影し、ハッシュタグ「#LUMIX_LOFT」「#LOFTガール_バレンタイン」をつけて投稿することで応募が完了します。

LOFTでも一年を通じて、SNSを活用したさまざまなキャンペーンが開催されています。特設サイトも非常に凝った作りになっていて、今回もバレンタインを連想させる、チョコレートが溶けたようなデザインになっています。

LOFTで販売されている商品を使用した、チョコレートをプレゼントするだけではないバレンタインの楽しみ方の提案もさりげなくアピールされており、LOFTの店舗またはネットストアへの来店も促されています。先ほどご紹介した阪急うめだと同様に、実店舗とSNSの融合に成功している事例のひとつです。

アイビューティーストア

詳細はこちら

応募期間:1月16日〜1月31日
インセンティブ:先着500名に有機ゴールデンベリー51gをプレゼント

化粧品やコスメなどを通販販売している、アイビューティーストアの写真・動画投稿キャンペーンです。公式アカウントをフォローした後、手作りチョコの写真や動画を撮影し、ハッシュタグ「#ibeautystorefun」をつけて投稿することで応募が完了します。

当初運営側が予想していた以上に応募数が多かったことで、1月19日に応募期間の短縮とプレゼント対象者の人数拡大が発表されています。

主に女性をターゲットとしている通販サイトのため、今回のように主役が女性となるバレンタインのようなイベントとは非常に相性がよいです。インセンティブも女性にうれしい話題のスーパーフードが準備されており、企業がターゲットとしているユーザー層に徹底的に焦点を当てているプロモーションと言えます。

小倉井筒屋

詳細はこちら

応募期間:1月11日〜1月29日19時
インセンティブ:抽選で小倉井筒屋のチョコレートをプレゼント

井筒屋小倉店が開催している、インスタグラム・Twitterキャンペーンです。公式アカウントをフォローし、アカウント内に掲載されている「#小倉井筒屋ショコラスペシャリテ2017」がつけられたチョコレートの写真にいいね!を押すことで応募が完了します。

なお、女性のみ応募可能というキャンペーンです。いいね!を押すだけで応募が完了するため、インスタグラム・Twitterのアカウントを持っている女性であれば誰でも気軽に参加することができます。

写真・動画投稿キャンペーンは自分で写真や動画を撮影するという「体験」ができるものですが、中には撮影が苦手でキャンペーンに応募できない、という方もいるでしょう。そのような方でも気軽に応募できるため、より多くのユーザーに対して認知の裾野を広げるなら、このような企画内容も検討してみるとよいでしょう。

PLAZA

詳細はこちら

応募期間:1月12日〜2月14日
インセンティブ:最優秀作品投稿者1名に10,000円相当のPLAZAおすすめアイテムの詰め合わせ(ベストチョコジェニック賞)、優秀作品投稿者10名に1,000円相当のお菓子の詰め合わせ(チョコジェニック賞)をプレゼント

PLAZAの写真投稿キャンペーンです。公式アカウントをフォローしてPLAZAで購入したチョコレートの写真に、ハッシュタグ「#チョコジェニック」をつけて投稿することで応募が完了します。

PLAZAも、一年を通してさまざまなSNSキャンペーンを行っている企業のひとつです。PLAZAの商品はそれだけで写真映えするようなおしゃれなデザインのものが多く、商品を使用したSNSキャンペーンに適しています。

特設サイトもその時期に販売されている商品に沿ったデザインになっているため、掲載されているユーザーからの投稿写真ともマッチしています。オーソドックスなSNSキャンペーンですが、統一されたクリエイティブが素晴らしく、SNSキャンペーンを活用した企業のプロモーション成功事例と言えます。

ホイップる

詳細はこちら

応募期間:1月18日〜2月14日
インセンティブ:抽選で5名にホイップるカラフルデコスイーツセット&ホイップるハートマカロンセットをプレゼント

生クリームの風合いにそっくりなホイップるクリームを使って、本物と見間違うようなスイーツを作ることができる玩具、ホイップるの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラム・Twitterの公式アカウントをフォローするだけでも応募できますが、ホイップるを使って作ったバレンタインにぴったりの作品を撮影し、ハッシュタグ「#ホイップる」「#バレンタイン」をつけて投稿することで当選確率は2倍になります。

玩具のためこども向けと思われがちですが、非常に本格的なためシニア層まで年齢を問わず人気の商品です。もちろん写真映えするような作品に仕上がるため、特にインスタグラムには適していると言えます。

ホイップるを使った作品の写真を投稿することで当選確率が2倍になる、という内容のため、商品を体験しながらキャンペーンにも参加することができます。体験型の商品を販売しているなら、このようにキャンペーンの中でも体験できるような企画を検討するとよいでしょう。

Lovestagram

詳細はこちら

こちらはインスタグラムが公式提供している、バレンタインデー限定のインスタグラム「Lovestagrem」です。インセンティブがあるキャンペーンではありませんが、インスタグラムを利用したバレンタイン企画として毎年人気のものです。

使用方法は非常に簡単。 まず上記の「詳細はこちら」からLovestagramにアクセスします。 ログイン画面が表示されるのでインスタグラムアカウントでログイン。 自分がフォローしている特定のユーザー名を入力すると、そのユーザーの写真の中から自分がいいね!をした写真がランダムで抽出され、バレンタイン仕様に加工されます。

提供されているテンプレートは3つで、画面左側のメニューから切り替えが可能。 そのままシェアすることができますので、少し変わったバレンタインのプレゼントとして送ることができます。 Lovestagramを使用してバレンタイン仕様の画像を作成し、自社のアカウントへ投稿するのもおすすめです。

まとめ

日本では、一年を通して四季折々のさまざまなイベントが開催されます。 当然イベントの度にSNSも盛り上がりますので、これを利用しない手はありません。

アカウントを活性化して常に新しいファンを獲得するための施策は多々考えられますが、すでに多くの企業が行っているキャンペーンの開催は非常におすすめです。 競合他社などのインスタグラムキャンペーンを参考にすれば、初めて行う場合でもそれほど難しくなく行うことができます。

ぜひ今回ご紹介した事例10選を参考に、キャンペーンの開催を検討してみてください。 ドキドキのバレンタインデーまでもう少し! インスタグラム運用担当者のあなたも、インスタグラムユーザーのあなたも、素敵なバレンタインデーを楽しみましょう!

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく

白石ふく

ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。

関連記事アイコン 関連記事