自動で顔にピントが合っちゃう!ストーリーの新機能「フォーカス」って?

こんにちは。白石ふくです。 インスタグラムのストーリーに、また新たな機能が追加されているのをご存知ですか? その名も「フォーカス」です。

2018年4月10日に公式発表されたこの機能は、一眼レフで撮影したように背景がぼけた写真や動画を撮影することができるもの。人の顔をきれいに撮影したいなら、普通に撮影するよりも「フォーカス」モードで撮影するのが断然おすすめです。

そこで今回は、新機能「フォーカス」の使用方法をご紹介します。難しい操作は一切ないので、まだ使ったことのない方はぜひ使ってみてくださいね!

「フォーカス」とは

(画像は

aaa

より引用)

「フォーカス」はインスタグラムのストーリー上に追加された、人間の顔を認識して顔以外の背景をぼかした写真や動画を撮影できる新機能です。

対応機種は、iPhone SE・iPhone 6s・iPhone 6s Plus・iPhone 7・iPhone 7 Plus・iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone X・一部Androidとなっています。

アプリ上でぼかし加工が行われるので、iPhone SE・iPhone 6s・iPhone 6s Plusのようにポートレート撮影に対応していないデバイスでも背景がきれいにぼかされます。

「フォーカス」でストーリーを撮影してみよう

まずインスタグラムのアプリを起動して画面を左にスワイプし、ストーリーの撮影画面を表示します。

画面下にメニューが表示されているので、スライドして「フォーカス」モードにします。

中央の撮影ボタンを長押しすると動画の撮影が、ワンタップすると写真を撮影できます。

ちなみにこちらが「通常」モードでの画面です。

少し見にくいですが「フォーカス」のときと比べて、顔以外の部分がはっきりと写っていますよね(画面下のパソコンのアイコンを見比べてみてください)。

撮影後は通常のストーリーと同じように、テキスト入力やスタンプの挿入、描画など行ってシェアしましょう。

「フォーカス」モードでは、カメラが顔を認識して撮影を行います。

そのため、顔以外を撮影しようとしても背景をぼかした写真や動画を撮影することはできません。

なお、カメラが認識できる程度にはっきりと写せば、例えばパソコンじょうに保存している写真をフォーカスモードで撮影することもできます。

まとめ

筆者が飼っている犬をフォーカスモードで撮影しようとしてみたのですが、動物は認識されず「顔を写してください」というアラートが出ました。

フォーカスモードにすれば、自動で人の顔にピントが合って背景がぼかされるため、手軽におしゃれな写真を撮影することができます。

もちろん、撮影した写真をストーリーにシェアせずに一度カメラロールに保存し、フィードへ投稿するものOK。

ポートレート撮影機能が搭載されていないスマートフォンを使用している方は、特に試してみてくださいね!

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。