おしゃれな投稿が満載!人気爆発中の「BOTANIST(ボタニスト)」のインスタグラムアカウント

活用事例 2017/12/05

こんにちは。白石ふくです。最近では、さまざまな商品が「インスタ映え」を意識したおしゃれなものとなっていますが、シャンプーやトリートメント、ボディーケア商品などを販売している「BOTANIST(ボタニスト)」もそのひとつ。

販売開始後、有名人がインスタグラムなどで愛用していることを投稿したきっかけで、人気に火がつきました。 現在では公式ページのほか、オリジナルショップや全国のドラッグストアなどでも購入することができます。 もちろんインスタグラムも大人気で、2017年11月時点で3万6千人以上のフォロワーを獲得しています。

そこで今回は、aaaインスタグラム分析ツール「Aista」aaaを使用して「BOTANIST(ボタニスト)」のインスタグラムでは、どのような写真や動画が投稿されているのかを調査してみました。企業やブランドのインスタグラムアカウントを運用している方はもちろんですが、普段インスタグラムを愛用しているインスタグラマーのみなさんも参考になるおしゃれな投稿ばかりですので、ぜひ真似てみてくださいね!

BOTANIST

「BOTANIST(ボタニスト)」(以下、ボタニストとご紹介します)は「生活のなかに植物を取り入れ、植物と共に生きる毎日へ。 」をコンセプトに、天然植物由来成分と水にこだわった商品を販売しているブランドです。公式サイトやインスタグラムなどのSNSでも、ブランドコンセプトを重視したナチュラルな投稿が多く見られます。

ハッシュタグ「#ボタニスト」を検索すると、ボタニストの商品やカフェメニューを撮影した写真を見ることもできます。 有名人が投稿した写真も多く、さらなる人気向上に一役買っています。

ハッシュタグ「#ボタニスト」

BOTANIST 公式サイト

http://botanistofficial.com/

BOTANIST 公式インスタグラム

https://www.instagram.com/botanist_official/

投稿をピックアップ

投稿日:2017年11月1日

こちらは、ボタニカルのウィンターセットを紹介した投稿です。 ハロウィンが終わってすぐに、クリスマスを意識した小物と一緒に商品が撮影されました。 通常の商品とは異なり商品パッケージの文字が金色で表示されていることやクリスマスのモチーフとして欠かせない「ひいらぎ」がプラスされた香りになっていることに加えて、公式サイトや店頭で購入すれば、オリジナルオーナメント缶をゲットすることもできます。

季節のイベントを先取りした投稿とハッシュタグを使用すれば、ブランドのファンはもちろん、ハッシュタグ経由で新しいファンを獲得することもできます。一年を通して、クリスマスなどさまざまなイベントがありますよね。そのタイミングを逃さないように、各イベント時にどのようなプロモーションを行うのか、年間計画などを立てておくとよいでしょう。

投稿日:2017年10月13日

こちらは、ハロウィンの際のイベントを告知するプロモーション動画です。ショップの1日の様子を撮影してタイムラプス動画にすることで、さまざまなシーンを60秒という短い時間に収めています。

ショップに来店してもらうスタイルのイベントですので、1日の様子を紹介することで来店をイメージしやすくなりますよね。加えて、店員やお客さんの笑顔を撮影することもできるため、来店に対してポジティブな印象を与えることもできます。

「タイムラプス動画」を撮影するためのアプリは、インスタグラムから公式に配信されています。タイムラプス動画は誰でも簡単に撮影することができますが、ボタニストのようにおしゃれな動画を撮影するためには何度か撮影の練習をしてみてくださいね。

投稿日:2017年10月2日

こちらは、ボタニストで提供されているカフェメニューを撮影した1枚です。 ボタニストと言えばシャンプーやトリートメント、ボディーケア商品がよく知られていますが、店頭ではカフェメニューも提供されています。 ボタニストがターゲットとしているナチュラル思考のファンのために体に優しい素材が使用されています。

どのような商品・サービスを提供するにしても、ブランドの軸がぶれてしまってはファンが離れてしまう可能性が高まります。 ボタニストでは「体に優しい」というメッセージをぶらさずにさまざまな商品が提供されています。 インスタグラムでも、ブランドのメッセージをフォロワーに伝えられる投稿を行うように心がけましょう。

投稿日:2017年8月11日

こちらは、2017年から施行された「山の日」に投稿された1枚です。一見「ボタニスト」と「山の日」に大きな関係はなさそうですが、あえて「山の日」を連想させる写真を投稿し「山の日」というハッシュタグで検索が行われた際に投稿が引っかかるように工夫されています。

提供している商品やサービスと関係のない祝日であっても、ハッシュタグ検索が行われた際に確実に検索結果に表示されるように投稿しておくことで、これまでアカウントを認識していなかったユーザーにもリーチしやすくなります。ボタニストのように、クリスマスやお正月のようなイベントだけではなく、祝日もアカウント運用に役立てましょう。

投稿日:2017年1月20日

こちらは、商品をスマートフォンで撮影している様子を撮影している投稿です。ボタニストの商品はそれだけでもインスタグラム映えするものですが、よりおしゃれな1枚を撮影するアングルや小物の配置などを提案してくれています。

また、この投稿に限らず、コメント欄を見るとファンからのコメントに対して丁寧に返信しています。投稿から一定期間経過したら「comment close」という投稿をしてコメント欄を閉じることで、運用の手間を減らしていることもポイントです。

まとめ

筆者もボタニストの愛用者でもちろんお店を訪れたことがあるのですが、商品そのものが体に優しく良いものであることはもちろん、商品やカフェメニュー、ショップのどれをとっても、フォトジェニックでインスタグラム映えするものばかり。

インスタグラム愛用者としては、まずはボタニストのアカウントをフォローして撮影方法などを真似してみないわけにはいきません!ぜひ参考にしてみてくださいね!

以上、白石ふくでした。

あの人のインスタアカウントが丸見えに!?

インスタグラムを使っていて、芸能人や人気のインスタグラマーがどんな投稿をしているか気になったりしませんか?

インスタグラム分析ツールの「Aista」を使えば、投稿パターンや使われているハッシュタグの分析が簡単にできちゃいます。無料でお試し利用ができるキャンペーンをしているので、この機会に「Aista」を使ってみよう!

日本最大級のInstagram分析ツール「Aista」のご利用はこちら

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。