ピノ嫌いな人はいない!長年愛され続けている国民的アイス「ピノ」のインスタグラム

活用事例 2017/10/02

こんにちは。白石ふくです。 コンビニやスーパーにいけばたくさんの種類のアイスが並んでいますが、長年愛され続けているアイスと言えば、みんなだいすき「ピノ」! なんと1976年から販売されているロングセラー商品。 ベーシックなバニラチョコのほかにも、最近では「焦がしキャラメル」バージョンが販売されています。 これがもう、全身がとろけるようなおいしさでした。。。!

そんな大人気のピノですが、2015年より公式インスタグラムが開設されています。 そこで今回は、インスタグラムアカウント分析ツール「Aista」を使用して、ピノのインスタグラムを分析してみました。 企業のインスタグラム運用担当者の方はもちろん、ピノ愛好家の方もぜひチェックしてみてくださいね!

森永乳業 pino(ピノ)

公式サイト

http://www.pinoice.com/

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/morinaga.pino/

「ピノ」は、冒頭でもご紹介したように長年に渡って愛される国民的アイスのひとつです。食べやすいサイズのアイスが6個入ったピノは、1人で食べても友だちや恋人と食べても楽しめる商品ですよね。

また、まれにハート型や星型のピノが紛れていることも。これらピノに出会ったら幸せになれるという逸話も、物心つくころには知っていたくらい有名な話です。さらに、季節によってバリエーションが増えたり、バラエティパックがあったりと、一言で「ピノ」と言ってもたくさんの種類を楽しむことができる商品です。

インスタグラムを見てみると、2015年のアカウント開設以降、主に夏の期間に投稿されていることが分かります。 そのため、Aistaでフォロワーの増加推移を見てみると、他のアカウントではあまり見られない「階段型」で推移しています。 これは、投稿が行われる夏の期間にぐっとフォロワー数を増やしているため、非常にゆるやかな上り坂で推移している、ということです。

また、ピノのインスタグラムで特徴的なのは「枠線」をつけていること。 プロフィール画面を開いてみると、どの写真も正方形に統一されていて、かつ、カラフルな枠線で囲われていることが分かります。 よく見てみると、3投稿ごとに枠線の色が変わっていますよね。

このように一定のルールを持って投稿を行うことで、プロフィール画面を開いたときに統一感はもちろん、おしゃれな印象を与えます。 ピノはポップな印象の商品ですよね。 ポップな色が使用されている点からも、ブランドを意識したアカウント運用が行われていることが見て取れます。

投稿をピックアップ

投稿日:2017年9月9日

こちらは、ピノをフォトジェニックにアレンジしたユーザーの投稿を紹介している投稿です。ピノでは「ピノタルトフォンデュ」「ピノフォンデュ」「ピノビスケットフォンデュ」の3つテーマで、ピノのアレンジレシピ写真を募集しています。

特設サイトを見ると、プロのパティシエがデコレーションしたようにフォトジェニックに変身したピノがたくさん。ただピノを食べるだけではなくインスタ映えするデコレーションをするという、これまでにない楽しませ方がユーザーのファン心をがっちり掴みつつSNSを利用した認知にもつながっています。

投稿日:2017年7月7日

こちらは、ピノが期間限定で各地にオープンさせている「ピノフォンデュカフェ」の東京の様子です。 今年は9月10日ですでに終了してしまいましたが、近年は毎年期間限定カフェがオープンしているようなので、来年が楽しみ。 この写真を見ても分かるように、ピノの世界観を体感できるためファンにはたまらない企画ですよね。

このようにポップアップショップをオープンするというのは資金面などの問題からすべての企業ができることではありません。リアルでファンに五感で楽しんでもらえる、かつインスタ映えする企画を検討するのも、ファン獲得には欠かせない施策のひとつです。

投稿日:2016年8月30日

こちらは、昨年の「ピノフォンデュカフェ」の様子です。実際にお店に訪れたファンが楽しんでいる様子がおさめられています。

商品や店舗などの様子を撮影して投稿することももちろん大切ですが、このように楽しんでいるファンの様子を写真におさめて投稿することで、リアルな「楽しさ」を臨場感を持って伝えることができますよね。「こんなに楽しそうなら自分も行ってみたい!」というファン心理を引き出すには最適と言えます。

なお、お客様の写真を撮影してインスタグラムに投稿する際は、必ず許可を取ることを忘れずに注意してくださいね。

投稿日:2016年7月16日

こちらは、ピノフォンデュの提案をしている投稿です。ファンはさまざまなアレンジをしてインスタグラムに写真をアップしていますが、公式アカウントの方からアレンジを提案することも大切。

このように、特にインスタグラムではファン任せにせずに企業の方から商品やサービスの楽しみ方を提案し、企業とファンとの発想の相乗効果を狙ってみると、思いがけない化学反応が起きるケースも多々あります。

まとめ

筆者自身、ピノが本当に大好きで幼いころからよく食べていました。 今でも夏になるとほぼ毎日のように食べていますが、期間限定商品などは必ずと言っていいほど購入してしまいます。 もちろんピノフォンデュカフェにも行ってきましたが、かわいくておしゃれなピノをたくさん見ることができて、普段見ているピノとは違う一面を目にしたことでさらにファンになってしまいました。

アイスはやはり、夏に大きく市場が動く季節感の強い商材です。 このように季節感の強い商材を扱っている場合、インスタグラムで発信する内容も夏は充実してもソレ意外の季節はなにを投稿してよいのかと悩んでいる運用担当者の方もいらっしゃるのでは。 ピノのアカウントのように、思い切って勝負をかける季節にコンテンツを充実させ、階段型でフォロワーを増加させていくというのも手法のひとつですね。

以上、白石ふくでした。

あの人のインスタアカウントが丸見えに!?

インスタグラムを使っていて、芸能人や人気のインスタグラマーがどんな投稿をしているか気になったりしませんか?

インスタグラム分析ツールの「Aista」を使えば、投稿パターンや使われているハッシュタグの分析が簡単にできちゃいます。無料でお試し利用ができるキャンペーンをしているので、この機会に「Aista」を使ってみよう!

日本最大級のInstagram分析ツール「Aista」のご利用はこちら

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。