NY発のカップケーキ「マグノリアベーカリー」から学ぶファンを魅了するインスタ術

活用事例 2017/08/22 2017/09/05

こんにちは。白石ふくです。インスタグラムを見ていると、企業やブランド、ショップなどの公式アカウントが投稿する写真や動画を目にしますよね。

筆者もさまざまな公式アカウントをフォローして日々楽しく見ていますが、その中から今回ご紹介したいのが、表参道にあるスイーツショップ「マグノリアベーカリー」のインスタグラム。2014年5月6日に開設されてから、現在では2万人以上のフォロワーがいるアカウントです。

今回はインスタグラム分析ツール「Aista」を使用して、マグノリアベーカリーのインスタグラムがどのようにファンの心を惹きつけているのか調査してみました。特に飲食店など経営されていて、インスタグラムを活用したソーシャルマーケティングを展開している方は、参考になる学びポイントがあるかもしれませんよ!

マグノリアベーカリー

公式Webサイト

https://www.magnoliabakery.com/locations/japan-jingumae-shibuya-ku/

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/magnoliabakeryjapan/

Magnolia Bakery(マグノリアベーカリー)は、もともとはニューヨークに本店を構えるカップケーキショップです。

ご存知かもしれませんが、日本でも大人気の米国ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」に登場したことでニューヨーカーの間で人気が爆発しました。2014年6月に表参道で「マグノリアベーカリー ジャパン」がオープンし、日本でもカラフルでかわいいカップケーキが購入できるようになりました。

特に最近では、インスタグラムの「インスタ映え」効果もあり、その人気はさらに急上昇。販売されているどのカップケーキも、スイーツ好きの心をくすぐるものばかりです。

インスタグラムでハッシュタグ「#マグノリアベーカリー」を検索してみると、色鮮やかでかわいいカップケーキなどの写真が多数投稿されていることがわかります。これらを見ているだけでも心がウズウズしてくるのですが、実際にカップケーキを目の前にしたらテンションがあがらないわけないですね!

ファンの投稿を掴む仕掛けかどこにあるのか、早速ピックアップした投稿を見てみましょう!

投稿ピックアップ

投稿日:2017年7月7日

こちらは、2017年7月7日に投稿された1枚。実は同じ写真が、2017年5月31日にも投稿されています。

キャプションにも記載されていますが、6月に期間限定販売していたラズベリーチョコレートカップケーキが、7月も販売続行する、という内容の投稿。

このように、同じ商品を紹介したい場合、特に期間限定商品の再販など特別感のある商品をインスタグラムで紹介する場合は、あえて同じ写真を再投稿することでファンの「待ってました!」という心理を引き出すことができます。でも注意しなければならないのは、再投稿ばかりしていると飽きられてしまいます。タイミングや内容によっては真似してみたいテクニックですね。

投稿日:2017年6月19日

こちらは、ココア味のチーズケーキを紹介している投稿です。ココア味のチーズケーキ、というと茶色や白を連想しますが、赤がメインカラーという少し変わった一品。

「いま食べている途中」のような雰囲気を醸し出しすことで、あたかも自分がカップケーキを食べているという疑似体験を味わっている感じがしますよね。このように、ファンが実際に食べている様子や使っている様子などの写真を投稿すると、疑似体験のような効果を与えるため「食べたい」「使ってみたい」という購買欲求を刺激することができます。

投稿日:2017年6月12日

こちらは、雨の日キャンペーンの喚起のために投稿された動画です。

あまり動きがあるわけではありませんが、手描きの黒板に描かれているポップなカラーのユニコーンと、手前のまつげがかわいいカップケーキの組み合わせは、思わず見入ってしまいます。動画とキャプションに強い関連性はないものの、こんなにかわいい動画がタイムライン上で流れてきたら、思わずスワイプする指を止めてしまいますよね。

一般的には、キャプションを読むよりも先に、表示されている写真や動画の方に先に目が行きがちです。 そのため、どのような写真や動画を投稿したらよいか分からない時は、この内容ならまず見てもらえるだろうという視点で撮影を行ってください。 ファンであるフォロワーが好みそうな写真や動画を投稿するのは、外せないテクニックです。

投稿日:2017年4月21日

こちらはスイーツの写真ではなく、店内のディスプレイを撮影した写真です。

お店を訪れたことのある方は見覚えがあるかと思いますが、スタッフが着用しているシャツがディスプレイされています。実はこのシャツ、ディスプレイだけではなく販売も行っている、というメッセージを伝える投稿なのです。

メインとなる商材は、かわいくておいしいスイーツなのですが、コアなファンにとってはこのようなグッズ販売も大歓迎。ちょっとしたことですが、インスタグラムで告知をすることでユーザーには気づかれにくい情報を認知させることにも活用できます。

投稿する商材があまり確保できない場合や、投稿のマンネリが生じた時などためしてみるもいいかもしれません。

投稿日:2017年4月17日

こちらはスイーツを手にした子どもを、とびっきりの笑顔シーンを収めた1枚です。

マグノリアベーカリーのカップケーキを食べれば、こんなに笑顔になれるよ、というメッセージが発せられていることがすぐにわかりますよね。販売している商品や自社がターゲットとする層にもよりますが、女性や子供の笑顔の画像は比較的ユーザーからの反応がよいと言われています。

商品だけを撮影するのではなく、ターゲット層に適したいわゆる「ペルソナ」に近い人物の顔を入れた写真を使用するのも、効果的なテクニックのひとつです。

まとめ

学びポイントはありましたか?

筆者自身、マグノリアベーカリーにはよく行くのですが、いつ行ってもかわいいカップケーキにテンションがあがっています。自宅でカップケーキを手に本を読んでいると、まるでセックス・アンド・ザ・シティの主人公、キャリーになったような気分になります!

マグノリアベーカリーのインスタグラムでは、何気ない投稿にもさまざまなテクニックが使われているため、見ているだけで思わずすぐに購入して写真を撮りたくなりますよね。ぜひ店舗を運営されている方は、真似できるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

以上、白石ふくでした。

あの人のインスタアカウントが丸見えに!?

インスタグラムを使っていて、芸能人や人気のインスタグラマーがどんな投稿をしているか気になったりしませんか?

インスタグラム分析ツールの「Aista」を使えば、投稿パターンや使われているハッシュタグの分析が簡単にできちゃいます。無料でお試し利用ができるキャンペーンをしているので、この機会に「Aista」を使ってみよう!

日本最大級のInstagram分析ツール「Aista」のご利用はこちら

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。