バレンタインだけじゃない!ドキドキさせるホワイトデーインスタグラムキャンペーン6選(インセンティブあり)

活用事例 2017/03/03

こんにちは。白石ふくです。 男性のみなさん、バレンタインデー、何個チョコをもらいましたか? たくさんもらった方も、そうでない方も、バレンタインデーの次にやってくるイベントと言えば、ホワイトデーですよね。 バレンタインデーにチョコをもらえなかったあなたも、ホワイトデーを利用して意中のあの人に想いを伝える、、なんていうのはいつの時代でもロマンチックなイベント。

そんなドキドキのイベントが間近にせまっていますが、各企業でもドキドキするようなキャンペーンが始まっています。 その中でも注目したいのが、インスタグラムを活用したキャンペーン。 今やインスタグラムは人気絶大のSNSなので、各企業がインスタグラムを活用してどのようなキャンペーンを行っているのかは気になるところ。

そこで今回は、2017年のホワイトデーに開催される、インスタグラムを活用したSNSキャンペーン事例6選をご紹介します。一見、インスタグラムとはあまり関連性がないように感じる企業の事例もご紹介していますので、事業内容を考えるとインスタグラムアカウントを運用するのは難しいと感じている方もぜひ参考にしてみてください!

2017年のインスタグラムを使用したホワイトデーキャンペーン6選

フェイラー

フェイラーのキャンペーン詳細はこちら

応募期間:2017年2月18日~2017年3月14日迄
インセンティブ:抽選で5名に好きなハンカチをプレゼント

ドイツ・ババリア地方に古くから伝わる伝統工芸「シュニール織り」で織られたバッグやハンカチを販売している、フェイラーの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラムまたはTwitterで参加することができます。 インスタグラムで参加する場合は、フェイラーの公式アカウントをフォローし、ホワイトデーにあげたい、またはもらいたいフェイラー商品の写真にハッシュタグ「#フェイラー」「#お返し」をつけて投稿すれば応募完了です。 なお、応募時に使用する商品写真は、フェイラー公式オンラインショップの画像を使用してください。

オンラインショップの画像を使用できるため、写真撮影に自信のない人でも気軽に参加することができます。また、商品写真がユーザーのタイムラインに流れることでそのまま商品紹介にもなりますので、まさに一石二鳥と言える事例です。

関西電力

関西電力のキャンペーン詳細はこちら

応募期間:2017年3月15日迄
インセンティブ:ハート大賞1名に5万円分、ハッピー?!賞10名に5,000円分のギフトカードをプレゼント

関西電力の写真・動画投稿キャンペーンです。

インスタグラム、Twitter、Facebook、YouTubeで参加することができます。 インスタグラムから参加する場合は、まず関西電力の公式アカウントをフォローしてくださいバレンタイン・ホワイトデーの写真や動画にエピソードを添え、ハッシュタグ「#kandenchoco」をつけて投稿すれば応募完了です。

電力会社とインスタグラムには一見関係がないように感じますが、ホワイトデーのようなイベントのタイミングでインスタグラムを活用することができます。このキャンペーン事例のように一見インスタグラムアカウントを運用することが難しく感じる業種でも、1年を通して多々あるイベントや祝日のタイミングでキャンペーンを行って認知度アップを目指しましょう。

コールハーン

コールハーンのキャンペーン詳細はこちら

応募期間:2017年2月1日~2017年3月14日迄
インセンティブ:抽選で5名にオンラインストアで5万円分のショッピング体験をプレゼント

ライフスタイルブランドの、コールハーンの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラムで参加することができます。コールハーンジャパンの公式アカウントをフォローし、ハンドバックやシューズなどを使用してハートをイメージさせる写真を撮影してハッシュタグ「#heartkicks」と「#コールハーン」をつけて投稿すれば、応募完了です。

このインスタグラムキャンペーン期間中は、コール ハーン オンラインストアと銀座本店、ららぽーとEXPOCITY店で対象商品を10%オフで購入することもできます。通常価格よりお得に購入した商品をインスタグラムにアップする、という一連の行動を、違和感なく誘導している事例と言えます。

たまプラーザ

たまプラーザのキャンペーン詳細はこちら

応募期間:2017年2月1日~2017年3月14日迄
インセンティブ:抽選で10名にたまプラーザテラスお買物・お食事券1,000円分をプレゼント

二子玉にあるたまプラーザの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラムで参加することができます。たまプラーザの公式アカウントをフォローし、たまプラーザのゲートプラザ1FモールA口に設置されているボードで写真を撮影して、ハッシュタグ「#たまプラーザテラスバレンタイン」または「#たまプラーザテラスホワイトデー」をつけて投稿すれば応募完了です。

キャンペーンに参加するためにはたまプラーザを訪れる必要があり、インセンティブに当選すれば再度たまプラーザを訪れるきっかけになります。このように店舗への来店機会をなるべく増やすことができるキャンペーンは、実店舗を運営されている方にはぜひ参考にしていただきたいです。

+PLUS

+PLUSのキャンペーン詳細はこちら

応募期間:2017年2月1日~2017年3月14日迄
インセンティブ:抽選で10名に文具の詰め合わせをプレゼント

文具を販売している、+PLUSの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラムで参加することができます。+PLUSの公式アカウントをフォローし、+PLUSで販売されているかわいい文具の写真を撮影してハッシュタグ「#キュンとする文具」をつけて投稿すれば応募完了です。

+PLUSでは、主に女性をターゲットとしてインスタグラム映えするカラフルでかわいく、おしゃれな文具が多数販売されています。 バレンタイン・ホワイトデーともに、主に女性が主役となるイベントですので、キャンペーンとの相性が非常によいです。 近年はインスタグラムのユーザー数が爆発的に伸びているため、商品そのものをインスタグラムと相性のよいものにする、というのも販売戦略のひとつといえます。

チョコル

応募期間:2017年2月20日~2017年3月8日迄
インセンティブ:抽選で40名にキリンラーメンクランチチョコ1袋をプレゼント

チョコレート菓子を販売している、チョコルの写真投稿キャンペーンです。

インスタグラムで参加することができます。チョコルの公式アカウントをフォローし、キャンペーン画像をスクリーンショットして、ハッシュタグ「#チョコル」「#ホワイトデー」をつけて投稿すれば応募完了です。

こちらも最初にご紹介したフェイラーのキャンペーンと同様に、写真撮影の技術は必要ないため誰でも気軽に参加することができます。 キャンペーン画像を見るだけで企業の雰囲気が伝わるので、タイムライン上に表示されることで企業の認知度アップにダイレクトにつながります。 このように、潔くダイレクトなキャンペーンを行ってまずは企業や商品の認知度アップを目指すことも重要です。

まとめ

インスタグラムは、もはや誰しもが利用しているSNSと言っても過言ではありません。 そのため、インスタグラムを活用したキャンペーンを行って企業の認知度アップを図るという施策は、出来る限り行いたい、というのが本音です。

少しでも多くの人に参加してもらうために、今回ご紹介した事例にもあったように、写真撮影の技術を必要としない方法を行うもの1つのポイントですね。自社のファン層やターゲット層を考慮して、効果的なキャンペーンを実施してみましょう。

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。