写真が溶けちゃった!?LINEカメラで不思議な写真加工をしてみよう!

使い方/ノウハウ 2017/02/23 2017/09/11

こんにちは。白石ふくです。 インスタグラムではさまざまな加工が施された写真を目にしますが、最近わたしがよく目にする不思議写真といえば、写真の一部が溶けたアイスクリームのようにとろんとしている写真。 不思議でかわいくておしゃれという、いかにも興味をそそる3要素がぎゅっと凝縮された写真は、ぜひまねしてみたいものです!

そこで今回は、インスタグラムで最近話題「#溶けちゃった」写真に仕上げる加工方法をご紹介します。

インスタグラムラバーのみなさんなら、ちょっと変わった加工をするだけで、おしゃれでかわいい写真になるなら試してみないわけにはいかないですよね!加工方法もとても簡単なので、ぜひ試してみてください!

運営によるオススメ記事ピックアップ
インスタグラムの写真をもっとおしゃれに!簡単操作で本当に使える無料加工アプリ10選
動画を加工編集するならこれで決まり!人気インスタグラマーが本気でおすすめしたい無料アプリ8選+α
インスタグラムで友達を探す方法と自分を探せないようにする方法

「LINEカメラ」とは

http://camera.line.me/ja

LINEカメラとは、LINEが提供している写真・動画の撮影・加工ができる無料アプリです。ビューティー機能が充実しているほか、多彩なフィルターやスタンプなども搭載されていることやLINEを使用していない方でも使用できるなどの特徴から、1億ダウンロードを突破している人気アプリです。

アプリをダウンロードした後は、初期設定や登録など面倒な作業は必要ありません。ダウンロード後すぐに使用できるのも、うれしいポイントです。

入手方法

iPhoneをご利用の方 / Androidをご利用の方

「#溶けちゃった」加工をしてみよう

LINEカメラではさまざまな加工が可能ですが、最近インスタグラムで人気な加工のひとつが「#溶けちゃった」。ハッシュタグ名通り、写真の一部が溶けている不思議な加工が行われています。

ハッシュタグ「#溶けちゃった」をインスタグラム内で検索すると、さまざまな「溶けちゃった」写真を見ることができます。

とろんとしたとろける写真は、普通の加工じゃ物足りない!という方におすすめ。コスメやスマートフォンケース、お菓子など、いろいろなものを溶かしてみましょう。

おもしろくてかわいい写真に仕上がるので、いいね!が増えやすい加工方法のひとつです。 この「溶けちゃった」写真、一見加工が難しそうに見えますが、LINEカメラを使えば簡単に作ることができます。 加工方法をご紹介するので、ぜひ覚えてみてください。

まず、LINEカメラを起動します。

メニューを選択する画面が表示されますので「アルバム」をタップしてください。

アルバムから写真を選択し「編集」をタップします。

画面下にさまざまなアイコンが表示されます。

これらのアイコンをタップすることで写真の加工ができるのですが、今回は「溶けちゃった」写真に仕上げたいので、一番左端のウサギのアイコンをタップしてください。

またしても画面下にたくさんのアイコンが表示されます。

ここでは「タッチ補正」を選択してください。

ここからが「溶けちゃった」写真を加工するポイントになります。

「タッチ補正」を選択したあとに表示される画面では「スリム」を選択してください。

写真の中で溶かしたい場所を、垂らす方向に向かってスライド。

これで写真の一部が溶けちゃいました!ここで注意したいポイントがあります。

画面下に「適用範囲」「適用強度」とありますよね。 適用範囲については溶かしたい範囲によって変更して構いませんが、適用強度は80~95%くらいに設定するのがおすすめです。 適用強度をデフォルトのまま加工しようとしても、なかなか溶けた加工にならないことが多いようです。

実際、筆者が上の画像を加工しようとした時、デフォルトの設定のまま加工してもなにも変化しませんでした。ある程度大きく溶かしたら、細かい修正をする際は適用強度を50~60%に落として加工してみるときれいに仕上がります。

設定をしてもなかなか溶けない!という方もいらっしゃるようなのですが、1回なぞっただけではなかなかいい感じの溶け具合にはなりませんので、何度もなぞることもポイントです。溶かし終わったら「完了」をタップすれば、溶けちゃった写真のできあがりです!

「#溶けちゃった」加工のポイント

「溶けちゃった」加工をしておしゃれな写真に仕上げたいとき、もうひと工夫してみるとおしゃれ度がぐっとアップします。もうひと工夫するポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

背景色にこだわろう!

写真の中の一部のアイテムを溶かすと、背景色も一緒に溶けてしまいます。なので、上の投稿のように背景が一色かつ模様がない場所でアイテムを撮影すると、溶かしたいアイテムのみ溶けて見えるので、おしゃれに仕上がります。

また、背景色と溶かすアイテムの色合いのバランスも大事です。

背景色に比べて、溶かしたいアイテムの色合いのほうが強い写真を使用して「溶けちゃった」加工をすると、溶けたアイテムが目立ちやすくなるのでおすすめです。

まとめ

見た目とは異なり、意外にも簡単に加工できる「溶けちゃった」写真。 LINEカメラで少し加工するとこれほどかわいくておしゃれな写真になるなら、試してみない手はありません。

加工のポイントでご紹介した背景にもこだわってみると、おしゃれ感がより増します。身の回りのいろいろなアイテムを溶かして遊んでみてくださいね!

以上、白石ふくでした。

この記事を書いた人

白石ふく
ライター歴4年、フォトグラファー歴6年、Instagram歴4年。 一眼レフで写真を撮影するのも、きれいな写真をみてその周りの情景を想像することが大好き。 インスタグラムに関する使い方や運営で役立つ情報を提供します。